義肢装具学

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは。教員の澤田です。
本日は3年生の授業の義肢装具学の紹介です。
義肢装具学では手足を切断して無くした方や障害により様々な問題が出た方に義肢(義手や義足)や装具というものを着用して障害の軽減を図ったり、生活をしやすくする方法を学ぶ授業です。

授業では義肢の基礎から装具の作成まで多岐に渡り学びます。
昨日は最後の授業で私も支援に関わった実際の義足の当事者の方とその担当作業療法士の先生に来ていただきました。授業では、足を切断した辛さやそれでも前向きに生きる気持ちについて、またそれを支援する作業療法について現場の声を聞くことができました。

Img_1812

実際に義足を着脱する様子も見せていただき、本や授業だけでは分かりづらいことも学生は一目瞭然で理解できます。

Img_1813

また、左足用に改造した自家用車でも来ていただいたので、授業の後半は実際に改造した車などを学生全員で見せていただきました。

Img_1819

当事者の方が語っていただいた「作業療法士は生活を見てどう患者をやる気にさせるか?ということを気持ちのケアからも考えて欲しい」といった深いご意見は学生にも深く印象に残ったようで良かったです。わざわざ来ていただきありがとうございました。

今後とも現場に役立つ実額に基づき、様々な授業をやって行きたいと思います。最後まで読んでくださりありがとうございました。

臨床運動学(促通反復療法)

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

教員の澤田です。

本日は3年生の臨床運動学が特別に2コマ連続(3時間)行われました。
内容は脳卒中の運動麻痺の改善するためのテクニックとして注目を浴びている促通反復療法です。メディアで取り扱われることも多いですが、元鹿児島大学の川平教授が開発された方法のため、別名川平法と呼ばれたりもします。

そこで、特別講師に促通反復療法に精通しているイムス横浜狩場脳神経外科病院の福留先生にお越しいただきました。私も福留先生からこの方法(手技)を教えていただいたり、川平教授の勉強会に御誘いいただいたりしていました。

Img_1793

福留先生は促通反復療法の基礎を講義でわかりやすく教えてくださり、そして、その後は実技に多くの時間を費やしていただけました。実学のためには実技が大切です。学生も「これであってるのか?」「難しい!」など悩みながらも前向きに取り組んでいました。

Img_1797

なお、本授業は実習でお世話になっている施設の先生にもご案内させていただいていますが、多数の先生にご参加いただき、臨床の関心の深さも伺えます。多くの人がいらっしゃったので、またこの方法に精通されている奥様までお手伝いに来てくださいました。本当にありがとうございます。
現場の先生のご協力をいただきながら、学生が現場に出てもすぐに役立つ授業をこれからも進めて行きたいと思います。
Img_1798
最後まで読んでくださりありがとうございました。

外部講師の講義報告:作業療法の観察評価~AMPS~

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは.教員の大野です.
いつも作業療法学科ブログを読んでくださりありがとうございます.


本日は,2年次の作業評価学で作業療法独自の観察型評価であるAMPS(アンプスと読みます)について特別講演がありました.
講師は聖隷クリストファー大学の鈴木達也先生です.

通常,AMPSは5日間みっちりと研修を受けなければいけないのですが,
鈴木先生は,AMPS研修の講師資格もお持ちなので,学生にもわかりやすく教えていただきました.
実際の作業療法場面の動画もふんだんに使った講義でしたので,作業療法ならではの評価の視点が磨かれたと思います!

Img_1788

なお,本講義は日頃よりお世話になっている実習施設の作業療法士の先生方も招待いたしました.

学生の教育を通して実習地と養成校の連携をより強めていくためにも,今後も実習地に還元できる場を設けていきたいと思います!

最後まで読んでくださりありがとうございました.

外部講師によるCI療法の授業

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

先週、3年生の臨床運動学で外部講師によるCI療法の授業がありました。

講師はCI療法などで非常に著名な吉備国際大学の竹林崇先生です。竹林先生は現場での実践能力だけでなく研究者とも著名な先生であり、先生の講義は現場の先生にも大人気のため、本授業は実習でお世話になっている先生方にも開放されました。

竹林先生は最新の知見を学生にもわかるようにわかりやすく授業をやってくださいました。スライドや笑いもたくさんおき、2コマ3時間の授業でしたが、学生も授業に釘付けになっていました。

Img_1594

このように時代の最先端を行かれる先生をお呼びして学生教育に役立てたいと思います。竹林先生遠方よりありがとうございました。そして来年もお願いいたします(笑)
最後まで読んでくださりありがとうございました。

オープンキャンパスを行いました!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

皆さまこんにちは、教員の清家です。

昨日はオープンキャンパスと入試説明会が行われました。
当日は生憎の雨でしたが、前回のオープンキャンパスを上回る多くの方にご来場頂きました。

今回の体験授業では、医療現場の第一線でご活躍されている2名の作業療法士をゲストとしてお招きし座談会を行いました。現場で活躍している方の生の声は最新の作業療法について知ってもらう良い機会になったのではないでしょうか。
体験授業を受けた参加者からは「作業療法の内容がよくわかった」「話を聞いて作業療法の魅力が伝わってきた」などの感想が聞かれました!
Img_1597
あと、オープンキャンパスの運営には今回も多くの学生がボランティアスタッフとして活躍してくれました。学校生活など学生目線でいろいろと丁寧に答えていて、とても頼もしい存在です!今後もたくさんの学生がオープン
キャンパスを盛り上げてくれると思いますので、そちらにもご注目ください。
Img_1595
そんな次回のオープンキャンパスは夏休み突入直後7月22日(日)に開催されます。
次回はオープンキャパスに加えて、AO入試対策講座もあります。
作業療法学科の体験授業は「おしゃれを支援するリハビリテーション」と題して、化粧を利用した作業療法について楽しく講義致します!

さらに、さらにオープンキャンパス当日は当学科の友利先生が大会長、澤田先生が学会長を務める国際学会の真っ只中に行われます。当日は、国際学会の様子をWeb中継します!国際的な作業療法の最前線をお届けしますので、こちらにもご期待ください!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

新しい作業療法定義を確認してみよう!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは.いつも本ブログを訪問くださりありがとうございます.



さて,先日日本作業療法士協会の作業療法定義が33年ぶりに改定されました! 改定作業には,本学科の澤田准教授,友利准教授,大野助教のなんと3人の教員が改定委員の中心となって関わっていました.改定作業には5年かかり,会員の意見に耳を傾けながら何度も推敲されたようで,とにかく大変だった...とのことでした.ご苦労さまでした.


新しい定義では,旧定義と比べて多くの領域で作業療法士が活躍できそうな内容になっています.本学科でも,自ら新しい道を切り開いていけるような,作業療法士を育成していきたいと思います!


旧定義(日本作業療法士協会,1985年)
作業療法とは,身体又は精神に障害のある者,またはそれが予測される者に対し,その主体的な生活の獲得を図るため,諸機能の回復,維持及び開発を促す作業活動を用いて,治療,指導及び援助を行うことをいう.

新定義(日本作業療法士協会,2018年)
作業療法は,人々の健康と幸福を促進するために,医療,保健,福祉,教育,職業などの領域で行われる,作業に焦点を当てた治療,指導,援助である.作業とは,対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指す.
(註釈)
  • 作業療法は「人は作業を通して健康や幸福になる」という基本理念と学術的根拠に基づいて行われる.
  • 作業療法の対象となる人々とは,身体,精神,発達,高齢期の障害や,環境への不適応により,日々の作業に困難が生じている,またはそれが予測される人や集団を指す.
  • 作業には,日常生活活動,家事,仕事,趣味,遊び,対人交流,休養など,人が営む生活行為と,それを行うのに必要な心身の活動が含まれる.
  • 作業には,人々ができるようになりたいこと,できる必要があること,できることが期待されていることなど,個別的な目的や価値が含まれる.
  • 作業に焦点を当てた実践には,心身機能の回復,維持,あるいは低下を予防する手段としての作業の利用と,その作業自体を練習し,できるようにしていくという目的としての作業の利用,およびこれらを達成するための環境への働きかけが含まれる.

週末はオープンキャンパスです!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

いつも本ブログに訪問してくださりありがとうございます。

気温も高くなり、梅雨が近づいてきましたがいかがお過ごしでしょうか?
今週末6月10日に本学オープンキャンパスが開催されます!
今回は毎回恒例、「学科説明」のあと、
模擬授業「他では教えてくれない 手の麻痺と作業療法」が開催されます!
担当は澤田准教授です!澤田准教授の講義は学生だけでなく現場の方々にも評判が良く、来場者の方が楽しめること間違いありません!

そして、そのあとの目玉企画が
「現場の作業療法士による座談会!!」です!
オープンキャンパスで現場の作業療法士の方の話がお聞きできるのは贅沢ですよね!こんな機会はなかなかありません。お二人の素晴らしい作業療法士の方にお話をしていただきますので是非ふるってご参加ください!

午後からは学科説明と学生主体による東京工科大作業療法学科の説明があります!学生ならではの目線は教員とは違い、受験生に近い身近な雰囲気で話ができます。是非色々相談して見てください。

その他、インスタ映えをねらったパネルやユニフォーム試着体験など楽しめる要素たくさんです。皆様のご来場お待ちしています!
最後まで読んでくださりありがとうございました。

Image1_6

論文が掲載されました

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは。教員の澤田です。先日、2本の論文が掲載されました。

1つはイギリスの作業療法の雑誌である「British Journal of Occupational Therapy」に「Reliability and validity of the Assessment of Client's Enablement (ACE)」(作業遂行の認識の差異による評価の信頼性と妥当性)という論文が掲載されました。
これは、私が臨床時代に若手の作業療法士を指導している時、クライエント(患者)が行おうとする作業(例えばトイレに自分で行く、自分で料理する など)について、作業療法士とクライエントの間で認識のズレがあるということを多々経験したことを発端として作成した評価です。本論文では、病院の仲間や友利先生、学会で知り合ったオーストラリアのNewcatsle大学の先生とその信頼性と妥当性について検証しています。

もう1つは訪問リハビリテーションという雑誌からの依頼の原稿ですので、依頼されれば誰でも掲載できる種類のものですが、「自動車などの運転に向けての評価と支援」ということについて書いています。私の研究領域の1つが自動車運転ということ、また訪問リハビリテーション事業所の所長を兼任し、その業務に携わっていた経験からご依頼をいただきました。
昨今メディアを賑わしている運転問題について基本的な評価をはじめ、万が一運転が困難だと判断された方の代替手段などについても説明をしています。私は作業療法の良いところは、他の手段を使ってその人のやりたいことを支援できるところだと思っています。
Img_1538

大学として学術活動も頑張っていくところですが、個人的に次は学生と連名で論文が掲載されるように頑張りたいと思います。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

オープンキャンパスがありました!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

皆さまこんにちは。教員の大野です。

昨日は今年度初めてのオープンキャンパスがありました。

Image3

作業療法学科では教員による学科紹介や模擬授業に加えて、
学生による学生生活のプレゼンを企画しました。

学生プレゼンでは,実際の授業風景を写真でお見せしながら,
当事者の方を招待した授業で,体を触らせていただいたことや,
学校周辺を車椅子で移動する体験をしたこと,
片麻痺を想定して片手で料理を作ったことなど,
学生ならではの生の声を発信してくれました!

また、各学年の時間割の例をお見せしながら、
勉強面だけでなく,アルバイトやサークルなどの
アフターファイブを充実させる方法を学生目線で話してくれました


Image7


大人気のインスタパネル&ユニフォーム試着コーナーも
次回以降もさらなるインスタ映えを狙っていきますので、
是非体験にいらしてください!

Image2

次回以降のスケジュールは以下の通りになっています。
http://www.teu.ac.jp/entrance/open/index.html
2018年6月10日(日)
入試説明会+オープンキャンパス
作業療法学科企画「臨床作業療法士対談」

2018年7月22日(日)
オープンキャンパス+AO入試対策講座
作業療法学科企画「国際学会生中継!」

8月にも2回開催され、内容は後日掲載します!

皆様のご来校お待ちしております!
最後まで読んでくださりありがとうございました。

臨床運動学

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

昨日は三年生の授業「臨床運動学」がありました。

この授業では、疾患や障害を持った方々の動きや作業の分析と後半はその治療に関しても学びます。

昨日は脳卒中後遺症を経験した方に来ていただきました。当事者である布施田さんは、教員澤田の担当クライエントであり、その左手足に麻痺が残存するものの、バイタリティを生かし、現在はMana'olanaという会社を立ち上げて、障害者の人外出を支援していらっしゃいます。詳しくは過去記事をご参照ください。
授業では脳卒中の後に生じる、痙縮といった症状を実際に触れさせていただき学んだり、手の動き方や歩き方、服の着方などを実際に見て学びました。
Img_1454_3

Img_1453_10
授業終了後は、学生が研究室に自主的にやってきて、爪切りはどうする、蝶々結びはどうする、布施田さんが作成した装具を着用しても履けるおしゃれな靴を見せていただき、意見交換をするなど素敵な時間を過ごせました。

Img_1455_8
このような現場に即した教育をさらに発展させていきたいと思っています。
明日はオープンキャンパスです。皆様のご来場をお待ちしています。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

«週末はオープンキャンパスです!