1年生&教員交流会

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは.教員の大野です.

本日は1年生のフレッシャーズゼミで作業療法学科教員との交流会を開催しました.

私自身の学生時代を思い返しても,1年次には作業療法の専門科目が少なく,

学科教員との交流が少なかったため,学科教員との距離を近づけるために企画しました!

 

往年の【ごきげんよう】スタイルでトークテーマを用意して,

各教員がトークを繰り広げてくれました!

教員間でも知らない話題が飛び出して,大盛り上がりでした!

トークの後は,お弁当を持ち寄って学生との交流会も行いました.

Img_7678

Img_7680_heic

本学の作業療法学科では,より良い教育環境を提供できるように
学生と教員の連携を深められる企画についても今後ご報告させていただきます.

最後まで読んでくださりありがとうございました.

外部講師による素晴らしい講義

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは。教員の澤田です。

本日は私の担当授業「臨床運動学」の中で特別講師として大阪府立大学の竹林崇先生に「行動変容を導いく上肢機能アプローチ」と題して、脳障害後の麻痺をした手の回復において、科学的に効果があると実証されているCIMT(CI療法について)ご講義をいただきました。竹林先生は海外で招待講演をされるなど、高い研究業績や臨床技術を有していらっしゃる、現在の日本において著名な先生です。今回は遠方より本学の教育のためにご協力いただきました。

現場の体験が少ない学生が、この手の話を理解するには非常に難しいのですが、先生の講義は脳機能の基本的なところから、CI療法の基礎から実践まで非常にわかりやすく説明していただけました。講義中は笑いも起きる場面も多くあり、学生も自然と引き込まれ楽しく学べたようです。

Img_3859

なお、本学では臨床実習でお世話になっている施設との協力体制を高めるため、先生の授業を実習地の先生方に公開させていただきました。多くの先生方に参加していただき、満足していただけました。

竹林先生お忙しい中、ありがとうございました。

本学は今後も学生教育のために様々な取り組みをしていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

1年生ボウリング大会!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは。教員の大野です。

 

今日はクラスの親睦をより深めるために1年生でボウリング大会をしました!

ささやかではありますが景品をかけたチーム対抗戦ということもあり、

想像以上の大盛り上がりでした!

 

連休明けの五月病にも負けない団結力でこれからもクラス一丸となって、

学びも遊びも楽しめるチームワークを養っていきたいと思います!

 

そんな私は久しぶりのボウリングでスマホを打つ指が震えております。笑

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

Da66c68e3fd746a7ae0d5cde62601ae7 1a44ec9b61fa48c99908d81a18880a20

新入生歓迎会!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは.教員の大野です.

今年度は満開の桜とともに新入生を迎えることができて幸先の良いスタートでした!

 

昨日は毎年恒例の新入生歓迎会を開催しました.

準備期間は短かったですが,会場の飾り付けや学科の紹介パンフレットを作ってくれたり,

1年生の授業科目について資料やレポートを見せながらプレゼンをしてくれたりと,

ガイダンスなどで少々お疲れ気味な新入生もこれからの大学生活をイメージできるように企画が満載でした!

企画,運営をしてくれた2年生に感謝です!

Img_7475

Img_7478  

今年度もいろいろな取り組みをブログを通してご紹介いたしますので,

どうぞお楽しみにしてください!

最後まで読んでくださりありがとうございました.

臨床教育者会議が開催されました!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

Photo_4

こんにちは、教員の石橋です。

3月8日に「臨床教育者会議」が開催されました。

「臨床教育者」とは、3年生で行われる評価実習、4年生で行われる総合実習で指導してくださる臨床実習施設(病院や施設)の作業療法士の先生方のことです。

臨床教育者会議は、臨床教育者の先生方に大学に来ていただき、来年度の実習をよりよいものにするための、年に1回行われる重要な会議です。

具体的には

・「本学のカリキュラムや臨床実習」をご理解いただき、臨床教育者の先生方のご意見を伺う場

・今年4月から実習に行く3年生(新4年生)が臨床教育者の先生方と面談を通して、実習前の顔合わせと情報収集を行う場

となります。

この会議は、教員だけで運営するのではなく、出席してくださる臨床教育者の先生方の受付、席までお連れすること、休憩室での対応など、全て学生達が行っています。

担当するのは来年度実習に行くことになる2年生と3年生です。

当日スムーズに会が行えるように、教員と学生が一緒になって前日から十分にリハーサルを行いました。その甲斐あって、無事に会議を終えることができました。

Photo_5

会議では学生挨拶などあり、2年生も3年生も堂々とした表情で臨床教育者の先生方の前に立っていました。きっと来年度の実習もこの緊張感を忘れずに頑張ってくれることでしょう。

平日でお忙しい中、ご出席していただいた臨床教育者の先生方、誠にありがとうございました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

卒業式!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

 こんにちは


 


教員の澤田です。しばらく時間が経ちましたが、先週に本学の卒業式がありました!


卒業式は広大な八王子キャンパスでありましたが、皆綺麗に着飾り、素晴らしい門出でした。


Img_3382


その後教室に移り、学科長より一人一人証書が授与され、教員より餞の言葉が贈られました。


中には、感きわまる先生もいらっしゃり、学生との思いの深さが滲み出ました。


授与式の後の夜には、卒業生が謝恩会を開いてくれました。


色々な出し物や、贈り物をいただき先生方も感無量です。


  Img_3410 Img_3401


いつもこの時期は嬉しさとともに寂しさが残ります。


しかし、新たな作業療法士の仲間ができることを心から嬉しく思います。


4年生間頑張ってきた本人、そしてそれを支援してこられたご家族へ心からお祝い申し上げます。


素晴らしい医療人・社会人になることを教員一同、心から願っています。


最後まで読んでくださりありがとうございました。


Img_3461 


 

韓国ウソン大学表敬訪問(Woosong University)

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

アンニョンハセヨ!教員の大野です。
先日のブログで韓国のウソン大学と学校間提携を結んだことを紹介させていただきましたが、
311日から13日で23日で教員の澤田准教授、友利准教授、大野と、
学生(3年生2名、2年生2名)で表敬訪問をしました。
Img_7281
ウソン大学では大学院生を対象に友利准教授が、作業療法における研究法について自身の研究を踏まえて講義を行いました。
Img_7264_2
また、
4年生に対しては、澤田准教授と大野が日本の作業療法の現状や、実践について紹介を行い、
本学科の特色のある授業については学生が紹介を行いました。
Img_7275_2
Img_7318
Img_7279

ウソン大学のコン教授やその他の教員の方々、学生の皆さんにはとても温かくおもてなしをしていただきました。
普段は受け身な学生も、言葉が分からないなりに自ら交流を楽しんでいる姿が印象的で、
今回の交流が視野を広げるいい機会になったと思います。本学科では国際的な視点を養えるように、
国内外を問わずさまざまな形での学びの経験を用意していく予定です。
ご興味のある方は是非お問い合わせください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ゼミ紹介 その7 池田ゼミ

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは。今回のゼミ紹介は池田ゼミです!
池田ゼミはOTが地域でどのように活躍できるのか実際に肌で感じることのできるゼミです。
学内だけでの活動に限らず、学生が主体となり自ら企画し、実際に地域活動の場に参加することができます。
実際に地域活動に参加することで学外での関係づくりができることも強みの1つです。
私たちが暮らす地域には、自治会、民生委員・児童委員、シニアクラブの方々が活動しており、関係を築きながら地域づくりを学べるのが大きな魅力です。

Img_3273
また、地域在住の高齢者との茶話会や子ども食堂、リーダーワークショップなどに参加させていただいたりとOTとして多様な経験ができます。

Img_3286

最後まで読んでくださりありがとうございました。

臨床家とのコラボ授業:3年次OSCE

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは.教員の大野です.

昨日は3年生の総合作業療法学でOSCE(オスキーと読みます)を行いました.
OSCEは,座学だけでは評価することができない,
臨床実践能力を評価する試験科目となります.

今回は来年度に臨床実習を控えた3年生のOCEということもあり,

よりリアルに臨床の雰囲気を体感できるように,
模擬患者や評価者に実習地の臨床家の先生に協力していただきました!

独特な緊張感の中ではありましたが,
対象者との信頼関係を作るための振る舞い方のコツや,
痛みや不安なく体を動かす方法など
教科書だけでは学べない実践的なテクニックをレクチャーしていただけました.
本校ではOSCE以外にも多くの臨床実習地との連携を強化しております.
実習だけでなく日々の教育から臨床の雰囲気を体験できる教育を目指しています.

最後まで読んでくださりありがとうございました.

51904345_404462750305113_458835620252320329_290099014951301_82664111_2

研究室紹介 その6 石橋ゼミ

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは。石橋ゼミの4年生です!
今回は、石橋ゼミについて紹介します。
石橋ゼミでは、「おしゃれ」や「化粧」など、装うことへの研究を主に行っています。
今年度は、「女子大学生の社会参加場面における化粧アイテム数の変化とその要因」をテーマに学内でのインタビュー調査や、「脳血管障害発症後の化粧行動の阻害要因について」をテーマに学外の当事者へのインタビュー調査を実施しました。私たちはこの研究から、多くの女性は場面によって化粧を変化させていることや、障害のある方は化粧が難しくなることがわかりました。そのため、作業療法において、化粧行動の支援は重要であると考え、今後化粧行動に対して作業療法を実施する必要があるのではないかと思いました。また、精神障害のある方への作業療法支援についての研究も行っており、「精神障害のある男性への身だしなみのアプローチについて」の研究を行った学生もいます。
Img_8486
今回の研究で、アンケートやインタビューの方法、KJ法などの研究法を学ぶことができました。他にも、先生と4年生だけではなく、後輩とも議論を交わし、「おしゃれ」や「化粧」についての知識、考えを深めました。
ゼミ中は、お茶やお菓子を食べながら、和気藹々とした雰囲気で、活発に意見を交わしています。たまに、話が逸れることもありますが(笑)
また、ゼミ仲間と先生とで遊びに行ったり、他大学と合同でバーベキューを行うなど、研究以外の楽しみも沢山あります。
ゼミの先生は、とても話やすく、なによりもとても美人です。毎回のゼミの楽しみの1つです!

Img_8498

最後まで読んでくださりありがとうございました

«韓国ウソン大学からの訪問