オープンキャンパスとか来れなかったけど,作業療法学科の特徴が知りたいです!という方へ

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは。教員の友利です。

先週は家族内で順番にインフルエンザに感染し,そろそろ終焉かなと思うころに私も寝込んでしまいました。油断大敵ですね。

さて受験生の皆さまも,進学先選びで何かと頭を抱える時期かと思います。夏のオープンキャンパスとか行けてないけど,工科大の作業療法学科良さそうだなぁという方むけに,本学科の魅力を感じてもらうために,私が東京工科大学 作業療法学科の特徴を書いてみたいと思います。

1) 国家試験対策
本学科は2年連続で国家試験100%です。今年も夏から予備校の先生の特別講義や,全教員による国試対策講義など,早くから万全の国家試験対策を行っています。その結果,全国統一模試でもかなり高い偏差値をキープしています。また点数が伸び悩んでいる学生に対しても,国試担当の教員が根気強くマンツーマンで指導しています。国家試験には,かなり力を入れています。


2)臨床実習施設との連携 
本学科では,なるべく学生が自宅から通えるようにと,首都圏にある実習施設の割合を増やしています。もちろん遠方で質の高い実習教育をしてくださる施設は沢山ございます。ですが遠方での実習となると,学生のアパート代や旅費がかかってしまうので,今年度から,なるべく近くの実習施設に依頼をはじめています。また,本学科は医学部はございませんが,臨床実習においては全く不利にならないと私は思っています(おそらく医学部があっても,長期実習の受入数には限りがあるため,全員行けるわけではないと思うのですが…)


3)立地の良さ
本学キャンパスはJR蒲田駅から徒歩2分です。授業も9時半からなので,わりと遠方から来る学生も多いですね。千葉,茨城,埼玉,群馬から通学する学生もいます。蒲田は治安がちょっと…というイメージもございますが,実際飲食店,居酒屋が多いくらいで,治安が悪いというまではございません。あまり関係ないですが,羽つき餃子が有名です(笑)


4)研究体制
現在大学院(修士課程)設置に向けて準備を始めており,これからですね。やはり工科大学というだけあって,工学部の先生から相談があったり,私自身も共同研究させていただいています。他教員も結構個性的で面白い研究テーマを持っていますので,卒論もバラエティに富んでいます。デザイン学部も隣にあるので,個人的には作業療法+デザインで何かできればと思っています。単に医療系だけじゃないので,研究面では多方面へ面白い発展も期待できるかと思います。


5) 就活
いま作業療法士は売り手市場なので,どの大学でも就職100%かもしれません。ですが,本学はキャリアサポートセンターという就職支援専門の部署があります。求人票アプリ,履歴書作成支援,面接支援,SPI対策などなど,学生にとっては何かと便利かと思います。あ,もちろん教員も親身になって就活支援していますよ。
以上,東京工科大学 作業療法学科の特徴でした。受験生の皆さまに参考になれば幸いです。

センター試験がんばってください!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

教員のtomoriです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
明日からセンター試験ですね!
さて、昨年のネタになりますが、
すでにAOと推薦で入学された学生と保護者向けにガイダンスを行いました。
今年もホント良い学生に入学していただくことが出来ました。
学科紹介、学生間の交流会、模擬講義を行いましたが、
多くの学生から「はじめ話せるかどうか緊張しましたが、リラックスした雰囲気で、入学前にみんなと話せてとても良かった!」との声をいただきました。
私も「作業療法を始めよう」と題して、模擬講義を担当しました。
その中で、結構な量の解剖学、生理学の宿題を出させていただきました。
それで、いま必死に受験勉強している同級生に教えられるくらい予習してきてもらって、
前期にみんなでスタートダッシュが出来るように頑張ろう!と。
皆さまを4月から万全の体制で受け入れられるよう、
教員ち同級生になるであろう学生も含め、日々頑張っております。
明日のセンター試験、頑張ってくださいね!

Mana’olana!!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは。教員の友利です。

先日、澤田先生が以前担当された患者さんで、退院後も色々と相談に乗っているという布施田さんが、二年生の講義にいらして下さいました。布施田さんは今、障害者の美と健康をプロデュースしたいという思いから、Mana’olanaという会社を設立したばかりです。


一見、病気されているようには見えない、お美しいバリバリのキャリアウーマンな感じでの登場でしたが、ここまでの道のりは想像を絶するものでした。


講義では、ご自身の生い立ちから、澤田先生と行った作業療法の中で、自分の大切な作業を実現したこと、やらなければいけない数々の作業を克服したこと、度重なる病気により生きる意味が見出せなくなったこと、その中で見つけた自分にしかない大切な役割、未来への希望など、当事者の言葉で語って下さいました。笑いあり、涙ありの、とても心に染みる話でした。


最後に、布施田さんから学生へ伝えたいこととして、学生一人ひとりの目を見ながら、はっきりとした口調でこうおっしゃりました。


「病人としてではなく、人として見るということです。作業療法士は私たちが最初に出会う人生のパートナーです。作業療法士はいつも私の生活のことを一緒に考えてくれました。そのおかげで私は出来ることが増えました。皆さんもそういう作業療法士に皆さんもなって下さい」


学生は、普段作業療法の理論や実践について、教科書の難しい専門用語を通して学んでいますが、こうして対象者の生の声で聴くことで、リアルな概念形成へと繋がることでしょう。


Mana’olanaとは、ハワイ語で自信、希望という意味で、どんな状況でも自信と希望を持って欲しい!と布施田さんがイキイキと話す傍らで、せっせと働いていた澤田先生の姿も、これが作業療法なのかなと、少しは学生の意識にとまると良いけどなぁと思いつつ…


最後まで読んで下さりありがとうございました。

Img_2882_4

ホームカミングデイ

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは! 教員の友利です。

今日は卒後会ということで、1期生が中心となってホームカミングデイ的な研修会を開催しました。工科大で1番新人教員の僕が,卒業生の皆様に,ご挨拶もかねて講義をさせていただきました。しかし皆さん誰一人寝ることもなく、熱心に聞いてくださいました。
その後は、1期生が3名ほど、今取り組んでいること、楽しいこと、悩んでいることなどを発表してくれました。僕自身も未だに作業療法って何やねん?と思うことが多いです。卒後もこうやって集まって研鑽を重ねていかなければならない専門職ですし、同級生や先輩が頑張っている姿を見ることで、自分も頑張ろうと思うものです。やっぱこういう集まりは良いですよね。
Img_2832_2
僕たち教員も,卒前→卒後もフォローできるようにしていきたいと思います。
1期生の皆さん、おつかれさまでした。

臨床教育者会議を開きました

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

教員の澤田です。


11月11日に作業療法学科の就職説明会と臨床教育者会議が開催されました。


大学4年間の中では病院や施設に出向いて、その施設の作業療法士の先生に指導を頂きながら、実際の患者様や対象者様に作業療法の評価や介入を行う臨床実習があります。


1_2



 一方、臨床教育者会議とはその病院や施設で学生に教育をしていただく作業療法士の先生方にお集まりいただき、これから実習に伺う大学の方針や学生との面談を行うものです。

2_2



来年からお世話になるのは2年生と3年生ですが、みな凛々しく挨拶ができておりました。また今回は学生と一緒に運営をしましたが、どの学生も慣れないながらも数日前からしっかり練習などを行い、社会人としても恥ずかしくない対応ができていたと思います。


臨床教育者の先生方からも、「学生さんの挨拶や礼節が素晴らしい」と称賛の声をたくさんいただき、教員として非常に嬉しく思いました。


臨床実習は病院や施設の先生画と大学、そして学生の3者が対象者の方々のご協力を得ながら学生の学びを深めるためのものです。これからも素晴らしい実習の学びのための協力関係を続けていきたいと思います。

学校作業療法に関する実践報告論文の掲載

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは。教員の友利です。


学術誌作業療法にて,下記の論文の掲載が決まりました。


保育所等訪問支援における巡回型学校作業療法
仲間知穂1),松村エリ1),上江洲聖2),友利幸之介3),
*1NPO法人ADOC project こども相談支援センターゆいまわる,
*2日赤安謝福祉複合施設,*3東京工科大学


私は前職では学校作業療法に少し携わっておりました。いま学校現場ではインクルーシブ教育が推進され,障害のある子どももない子どもも,なるべく同じ場を共有しながら教育を受けるということになっています。

ただ,それによって授業中に離席したり,逆に無反応だったり,友だちと喧嘩したりと,いろんな問題行動があったりします。それも子どもにとって成長のいち過程とも言えますが,学校の先生たちは一人ひとりの子どもと,クラス全体の授業の進行も同時に考えなければならず,悩んでいることが多いです。


そこで,私たちは数年前から,学校へ巡回訪問していました。また,ADOC-Sというアプリを研究で開発し,学校の先生や保護者が「叶えたい教育」を共有し,その支援を行ってきました。その経験をもとに,今回,作業療法士が先生たちとどう連携を取ればいいのか,作業療法士としてどう支援すれば良いのか,などのポイントを事例を通してまとめました。


関わる子どもの中には,数ヶ月でガラッと成長する子もいます。今まで失敗続きで自信をもてなかった子が,いきいきと友達と関わるようになる。その姿を見た先生も保護者も,子どもの可能性を強く感じて子どもがさらに好きになる。その場面に関われたということは,作業療法士として,何物にも代えがたい,やりがいを感じる瞬間でもあります。


現在,日本で発達障害専門で関わっている作業療法士は2-3%と言われています(アメリカでは30%以上)。少ないですね。学校で作業療法ができる人材を養成していきたい。それが僕の目標でもあります。


最後まで読んでくださり,ありがとうございました。

アジア作業療法シンポジウムで演題発表をしてきました

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

教員の友利です。

Asia pacific occupational therapy symposiums (アジア作業療法シンポジウム)に澤田先生と一緒に台湾に参加してきました。
Img_2596_2

澤田先生はカナダ作業遂行測定(COPM)の日本におけるシステマティックレビューを発表しました。色々質問にも対応しててかっこよかったです。

22790690_1275836959212803_725033556

さて僕はといえば… ADOCというリハビリテーションにおける目標設定のアプリの開発研究を発表しました。アプリの動きを動画で用意していきましたが,それが3つとも映らないという大ハプニングに見舞われました・・・ 会場は爆笑です。頭が真っ白になりましたが、既存のスライドでできる限りのプレゼンをしました。オーディエンスの方も興味を持ってくれ色々と質問もあったので良かったです。

Img_2592_2
ここまでは良かったのですが…


Img_2590_3
なななんと画面が!?!$%&@


しかし台湾の学生さんは,会場でボランティアで英語の通訳をしたり,作業療法士の発表に対して英語で堂々と質問もしていました。またシンガポールからは教員引率+バス貸切で、20名ほどの学生が参加していました。年に1〜2回は海外に連れて行くように,という国の基金があるそうです。若いころから世界に触れるというのは,良い投資の仕方だと思いました。


もう作業療法もグローバルの時代です。本学科でも国際交流的な活動をもっと取り入れて行ければと思いました。


最後まで読んでいただいきありがとうございます。

作業療法士の国際交流パーティーに参加してきました

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

どうも、作業療法学科の2年生です。


9月22日に行われた作業療法士の国際交流パーティーに,現2年生の3人で参加してきました。


今回のパーティには作業療法他大学の作業療法学科の先生や生徒,作業療法士協会の会長を始めとする作業療法士の方々や海外の作業療法士の方が参加していらっしゃいました。

周りを見ても皆さんスーツであまり見慣れない環境に困惑しましたが、本学の先生たちの紹介もあって上海、香港、南アフリカ、韓国の作業療法士の方々とお話しすることができました。

拙い英語でしたが,皆さんとても優しく丁寧に質問に対して答えていただきました。


Img_2364


今回のパーティを通して様々な刺激を受けて私の中で作業療法士を含めて見える幅が広がったような気がします。学生のうちにこの様な機会をもっと増やして,将来は世界で活躍できる作業療法士になるのが僕の夢です。

奈良先生 ありがとうございました!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは! 教員のTOMORIです.

先日,9月いっぱいでご退職される奈良学科長の,特別講義と送別会を開催しました.
在校生と卒業生も結構来てくれました.

Dsc_0461
奈良学科長が学生のころは,日本人の作業療法士はほとんどいない時期で,アメリカから教員が派遣されて英語での講義だったようです.

その後発達領域で臨床経験を積まれ,教員になられた後,アメリカに留学されたそうです.実は日本人でAMPS資格者第一号は私です, と話されてました.
Dsc_0448
奈良先生は,日本作業療法士協会とWFOTの元副会長であり,多数のOTに惜しまれつつ急逝した佐藤剛先生のお弟子さんだったようで,その佐藤先生の跡を引き継ぐようなかたちで,WFOTの会議など海外でお仕事される機会が一気に増えたそうです.日本作業療法士協会の念願であるWFOTの誘致も積極的に行ったと話されてました.
Dsc_0493
その後も,作業療法士の育成支援プロジェクトで,中国やタイに数年間行かれたようで,「自分も外国の先生から作業療法を教わって,まさかその立場になるとか...時代は廻りますね」とおっしゃっていました.
Dsc_0602
先生の研究室にはよく学生が相談に来ていました.とっても面倒見が良く,学生からも愛されていた奈良先生... ありがとうございました!!

教員引率型の実習を試験的に実施しました

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは.教員のSAWADAです.


三年生は,ただいま1週間の臨床実習の真っ只中ですが,今回は私もかれこれ10年来の長年の計画だった実習にチャレンジしてみました.


それは,「大学教員引率型」の臨床実習です.


看護師の養成校では,臨床実習は全て教員引率型ですが,作業療法士,理学療法士ではわりと画期的なことなんです.なぜなら,一般的に療法士の臨床実習においては,学生は1-2名で病院や施設の臨床実習地に赴き,現場の指導者にマンツーマンでご指導いただく形になっているからです.


現場の指導者にマンツーマンでご指導いただく経験は,学生にとってかけがえのない貴重な経験になりますが,現場の先生がたには大変な労力となっています.また学生は大学側の手を少し離れることになるので,机上で教えたことと現場で学生が教わることに多少のギャップが生まれ,学生が若干戸惑うこともあります.これらは作業療法士,理学療法士の養成で長年の課題でした.


そこで今回は,私が先週1週間試験的に3名の学生に対して教員引率型の実習をさせていただきました.現場で実際に患者さんを一緒に診させていただきながら,検査法や患者さんとのコミュニケーションの取り方,学生としての立ち居振る舞いなど,その場その場で,直接的,具体的な教育が出来ました.やはり普段から授業を通して学生と長く付き合っている分,学生の特性に合わせた指導ができますし,学生の意見としても,安心して実習が出来たとのことで,確かに質問もしやすかったんじゃないかなと思います.また現場の作業療法士の方々からもポジティブな振り返りをいただきました.やはりやって良かったと実感しました.


一方で,教員引率型の実習は,現場の作業療法士や教員にとっては負担も大きいものです.これを全ての学生に行うことは,現状の仕組みやマンパワーではほぼ不可能です(現にどこもやっていないので).しかし今回やってみて,学生の良い学びにつながりそうな感触は得られたので,どうにか実現可能な形に落とし込んでいきたいと思います.


とにもかくにも,ご協力いただいた患者さん,現場の先生がたには,学生の教育にご協力たまわり,本当にありがとうございました.良い学生を輩出できるよう,大学も精進していきますので,今後も変わらぬご協力をお願いいたします.




最後まで読んでくださりありがとうございました.

Img_1510

«バーチャルリアリティ技術を使った論文がアクセプトされました