授業で国際福祉機器展に参加してきました!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは、教員の池田です。

このたび2年生の授業の一環で「国際福祉機器展2018」に参加してきました。


場所は東京ビッグサイトで開催され、海外メーカーを含む最新の車椅子や意思伝達装置などの福祉機器が一堂に揃う展示会的なイベントです。


日常生活動作に関する授業で、2年生は毎年参加しています。

これらの機器を上手く利用することで、疾患や障害によって出来なかったことが出来るようになったり、生活が豊かになったりします。

作業療法士としては、これら最新の福祉機器を知っておくことで、患者様に最適な提案ができるようになります。


参加した学生は、熱心に体験したり、写真を撮るなど勉強していました。

大学にも福祉用具・自助具が揃っていて、学生が勉強したり体験できる環境が整っています。

今回の経験をもとに、福祉機器の理解を深めていきたいです!

Img_2468



実習報告会がありました

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

3年生の副担任をしている教員の池田です。

9月はじめから3年生は病院実習に赴いていまして、その報告会が開催されました。


この実習の趣旨は、これまで大学で学んだ知識・技術を実際の現場で経験を積ませて頂くというもので、3年生がクリアしなければならない大きな課題(試練?)でもあります。

そのようなこともあり、2週間ぶりに大学に帰ってきた彼らの顔つきは、どこかキリッとして頼もしく思えました。


Dsc_0150_2


報告会では、学生それぞれ、担当させて頂いた患者様の心身機能や生活状況を整理し、それを踏まえた上での作業療法の目標について発表してもらいました。


学生の初めての病院実習の感想は、「指導者の先生や患者様から多くのことを勉強させてもらえた」、「実際の現場は大学の講義よりも楽しい!」など前向きでした。

Dsc_0152


また来週から実習が再開します。

次の報告会で彼らの成長をみるのが楽しみです!


実習地の先生方ありがとうございました。
また最後まで読んでくださりありがとうございました。

第52回日本作業療法学会へ参加して来ました

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

教員の澤田です。北海道で震災に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
本学科の学生は大事に至らなかったようで、教員一同安心しております。

先週金曜日から名古屋国際会議場で開催されました第52回日本作業療法学会へ参加して来ました。

Img_2320
卒業生も何名か参加しており、現場に出ても学びを継続している姿に感心しました。
Img_2319
一方で、 本学からも多数の教員が発表いたしました。友利先生が関わったイブニングセミナーは超満員御礼で大人気でした。それぞれの先生方も関心深い研究を発表をされていらっしゃり、いろんな先生とディスカッションをされていました。今後の研究活動も拍車をかけていく予定です。

教員の発表一覧
◯イブニングセミナー 日本臨床作業療法学会
友利幸之介 他:作業療法のエビデンスを構築する3つの戦略
Img_2326
一般演題
◯澤田 辰徳 ほか
臨床教育者と教員の協業型臨床実習の試み

◯友利 幸之介 ほか
ADOC英語版バージョンの開発 ―デルファイ法とフィールドテスト―

◯石橋 仁美 ほか
地域在住高齢者に対する生活と化粧を関連づけた社会参加支援プログラムの効果―ランダム化比較研究―

◯池田 晋平 ほか
要介護認定率が低い地区に在住する高齢者の活動・参加とソーシャル・キャピタルの特徴―要介護認定率が異なる2地区の比較分析から―

ポスター演題
◯清家 庸佑 ほか

精神障害領域におけるSTODの尺度特性の検討

最後まで読んでくださりありがとうございました。

作業療法学科 就職セミナー開催

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは.教員の大野です.

本日は臨床実習施設を対象とした就職セミナーを開催しました.

昨年までは,理学療法学科との合同開催でしたが,

より多くの施設の方々にお越しいただけるために,

今年は作業療法学科単独で開催いたしました!

残暑も厳しい中,実習でお世話になっている合計42施設の先生方にご参加いただきました.

Img_6734

 

実習を終えたばかりの4年生は,

これからいよいよ就職活動を開始しますが,

各施設の魅力をじっくりとお聞きすることができ,

良い就職活動のスタートダッシュを切ることができました!

Img_6732

 

また,今年は来月に実習を控えた3年生も参加いたしました.

実習地となる施設の方からお話を聞けたことで,

実習前の独特な不安や緊張も和らいだ様子でした!

Img_6733

 

本校は,今後も臨床現場の皆様との繋がりを大切にしていきますので,

引き続きご指導ご協力の程をどうぞよろしくお願いいたします.

Img_6731

 

最後まで読んでくださりありがとうございました.

卒後会が開かれました!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは.教員の清家です.
最近何かと「平成最後の夏」という言葉を耳にします.
そんな8月最後の日曜日,作業療法学科卒後会が初開催されました!
今回の企画は
「卒業生,在校生の関わりを作りコミュニティを広げたい」
「卒業後の互いの臨床を知り,知見を広げたい」
そんな卒業生の思いから始まった試みでした.

当日は卒業生,在校生など総勢100名を超える参加者が集まりました.

Dsc_0048

演題発表では,現場の一線で活躍されている第1期生からこの3月に卒業したばかりの5期生までと多岐にわたる発表が行われました.
発表からは対象者と向き合うひたむきな姿勢がとても伝わってきました!
在校生にも卒業生の活躍する姿はきっと心強く映ったのではないでしょうか.

Dsc_0074

午後からは澤田先生による特別公演「障害者と高齢者の運転」が行われました.
運転支援は作業療法士の中でも注目度の高いテーマです.
運転支援に関する研究,臨床経験の豊富な澤田先生の話に参加者は興味深く聞き入っていました.

Dsc_0113
交流会でも新たな繋がりが生まれたようで最後まで大盛況の1日でした!

Dsc_0116
今回このような機会を設けてくれた卒業生の皆さん,ありがとうございました.今後も卒業生,在校生と分け隔てなく繋がっていきたいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございます.

オープンキャンパスがありました!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは。教員の澤田です。
昨日、猛暑の中、今年度最後のオープンキャンパスがありました(写真を撮り忘れました…)。多くの方にご足労いただき、ありがとうございます!

模擬授業では作業療法がいかに「人」を大事にする職業かを話しをさせていただきました。そしてその後の目玉として、昨年に引き続きと当事者の方に来ていただきました。今年は去年とは違う私のクライエント布施田さんに登場していただき、座談会形式でお話をさせていただきました。布施田さんは脳の病に倒れながらも現在母親としてまたMana'olanaという会社を立ち上げ、障がい者の方のおしゃれを支援されています。

高校生の方やご家族が現場に触れる機会は多くはないと思います。今回、実際の現場でのお話や布施田さんのご経験をお話いただいたことは、参加者の方々の心に響いたのではないかなと思っています。

40043900_1420943031383344_602741042

本学では「実学主義」を大事にしていますのでこのような機会をたくさん増やしていきます。

参加者の皆様、ありがとうございました。また布施田さんありがとうございました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

学生と改造車の業者さんへ見学へ行ってきました!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは。教員の澤田です。

私の研究室では自動車運転の支援について研究をしています。先日、4年生で私の研究室のゼミ生と一緒に、オフィス清水さんという自動車改造業者さんへ見学に行って参りました。
Img_2120
オフィス清水さんはYANASEさんと業務提携を結ばれたり、業界でも外車の改造や海外製の改造用品を扱われている会社さんです。
社長の清水さんは学生にも手取り足取り色々な装置について操作させながら教えてくれました。私自身も色々見学させて頂き大変勉強になりました。
Img_2183
学生がこのような体験ができるように、機会を増やしていきたいと思います。
清水社長をはじめオフィス清水のみなさま、YANASEのみなさまありがとうございました。
Img_2211
最後まで読んで頂きありがとうございました。
今週末はオープンキャンパスです。お待ちしています。

球技大会!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

少し前の話ですが、3〜4限の時間を利用して学生主催の球技大会が開催されました!
今回の種目は「バレー」と「ドッチボール」です。男女混合、学年関係ないチームで形成され、景品をかけて熱い戦いが繰り広げられました。
日頃の運動不足を解消でき、勉強ばかりの生活の中で息抜きにもなったと思います!

Img_2923_2
2年生 鈴木、一戸

4年生実習報告会

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

こんにちは.教員の大野です.

本日は総合臨床実習の報告会を行いました.


作業療法学科では3年次と年次のカリキュラムには,

病院や老人保健施設などの臨床現場に通って学習する科目があります.


対象者の方々と直接対面することで,

学校での講義だけでは体験出来ない現場ならではの学びが多くあり,

作業療法教育において重要な科目となります!

担当させていただいた対象者の生活の再獲得や,大切な作業の実現に向けて

試行錯誤した様子が発表を通してひしひしと感じられました.

学生間の質疑応答も非常に活発で,

作業療法士としての階段を着実に上っている様子を感じることができました!

Img_6652


忙しい臨床業務の中で学生指導を行なっていただいた,
臨床実習指導者の先生方に改めて感謝いたします.

最後まで読んでくださりありがとうございます.

オープンキャンパスが行われました!

| 投稿者: 作業療法学科ブログスタッフ

おはようございます。教員の澤田です。
先週の土曜日にオープンキャンパスが開催されました!
たくさんの来場者の方がいらっしゃいました!

安倍学科長の学科説明とともに友利先生による特別支援教育による話がされました。友利先生は対象者の方のやりたいことを聞くアプリ「ADOC(エードックと読みます)」の開発者でもよく知られていますが、先生、親御さん、作業療法士、そしてお子さんが皆でお子さんのやりたいことを考える「ADOC-S」というアプリも開発されており、子供の作業療法に関しても造詣が深いです。

20180807_91702

 こどもの作業療法に興味を持つ高校生も多いと思われ、みなさん真剣にお話や動画を聞いていらっしゃいました。友利先生の授業はわかりやすく、この授業が受けられるのも工科大のメリットだと思います。

その後、作業療法概論の最終課題「後輩に作業療法を伝える!」を行いました。この課題は1年生がグループワークで作業療法の説明に関するポスターを作り、参加していただいた方に、良いと思うポスターに投票していただくというものです。参加された高校生や親御さんに1年生が作業療法のプレゼンテーションを積極的に行っているのを見て、私もびっくりしました。中にはまだ学習していないのに自助具(対象者の方が特定の活動をやりやすくする道具)を作成して来た人もいて素晴らしかったです!

38614636_1928879897168083_645356263
38740264_567745023640245_3153973920           皆さん真剣に聞いてくださいました!

参加者の皆さんから良いお言葉を沢山かけていただきましたが、「学生さんが皆生き生きしていますね!」と言っていただけたのがとても嬉しかったです。これからも学生たちと一緒に良い教育を創り上げていきたいと思います。

Img_2012

次回は今年最後8月25日です!
最後まで読んでくださりありがとうございました。

«国際学会を開催しました!